2021.03.29 素材

Inkron XR Materials

提供:INKRON

AR / XRデバイスの重要な材料ソリューション

Inkron材料の主な応用分野は、光学デバイス、オプトパッケージング、およびプリンテッドエレクトロニクス業界にあります。製品範囲には、光学デバイスに適用するための高屈折率(RI)コーティング材料と低屈折率(RI)コーティング材料が含まれます。これらの業界をリードする光学コーティングは、可視光/近赤外領域で1.1〜2.0のRI範囲をカバーします。高RI材料は、ナノインプリントリソグラフィー(NIL)用に最適化されており、ターゲットとする用途には、AR / XRデバイス用の導波路、光ディフューザー、LIDAR、その他のフォトニックアプリケーションなどのDOE(Diffractive Optics Elements)が含まれます。
新しい高RI光学黒化材料は、レンズエッジの反射を大幅に低減し、光エンジンと光導波路の組み合わせの光学性能を向上させることが示されています。
AR / XR分野に不可欠な他の材料は、RI範囲が1.1〜1.4のInkronの低屈折率材料です。低RI材料の典型的な用途は、反射防止コーティング(可視光/近赤外領域)、導波路クラッド、ギャップ充填、および接着剤層に見られます。
高RIやUV硬化性の封止材、熱伝導性接着剤などのオプトパッケージング材料は、アイトラッキングなどのさまざまな分野で使用される可能性があります。高RI接着剤は、特定のディスプレイデザインで使用される可能性があります。
製品範囲には、高RIインクを含む、スクリーンおよびインクジェット印刷可能な伸縮性のある導電性および誘電性インクも含まれます。

XRアプリケーション用の光学コーティング

光学コーティングは、導波路の設計と製造において重要な役割を果たします。光学的に透明な高RIおよびNIL処理可能な樹脂は、AR / XRディスプレイユニットで使用される回折光学素子(DOE)の重要な材料です。インカップリングDOEとアウトカップリングDOEの屈折率によって、ARスマートグラスの視野が決まります。樹脂のRIが高いほど、FoV(視野角)が大きくなるため、ユーザーエクスペリエンスが向上します。
基板とライトエンジンとともに、樹脂の加工性と光学的透明度が導波路の効率と画質を決定します。したがって、樹脂の屈折率、光学特性、および配合物の加工性のバランスを慎重にとる必要があります。

補完的な低RIコーティングは、反射防止コーティング、クラッド層、高RI構造のギャップ充填などの用途で高RI樹脂と組み合わせることができます。

光学コーティングのRI範囲は以下をカバーします:

-低屈折率(RI)、光学的に透明なギャップ充填コーティング。 RIの範囲は1.1から1.4です。
-高屈折率、NIL加工可能なコーティング。 RIの範囲は1.55〜1.9xです。

XR / ARアプリケーション用のInkronの光学コーティングの詳細な説明を含む記事が最近PhtonicsViewsマガジンに掲載されています。

XR光学素子用Inkron高屈折率オプティカルブラック

IOB製品ファミリーは、高屈折率(RI)と高光学密度(OD)を組み合わせて、エッジ反射を排除します。
ARデバイスでは、光の一部が基板の端にある空気/基板の界面に到達する場合があります。空気と基板の間の屈折率の差は大きくなる可能性があり、通常、基板の特性に応じて0.5〜1.0になります。その結果、光の一部が反射して基板に戻り、ヘッドマウントディスプレイのコントラストの低下など、光学系に大きなコントラスト損失やその他の光学的障害が発生します。従来、上記の現象は、光学濃度(OD)の高い材料でレンズのエッジを黒くすることで対処されていました。したがって、基板からの光は吸収黒色層に入り、そこで吸収されて反射が最小限に抑えられます。このアプローチによって解決されないままになっている重大な問題は、基板とブラックマトリックス材料の間の屈折率の違いのために反射される光です。

Inkronは現在、基板に一致する屈折率と高い光学密度(OD)を備えた、特許出願中の高屈折率黒色光吸収材料を提供しています。この組み合わせは、屈折率の不一致に起因する反射を効果的に除去します。デバイスインテグレータにとっての明らかな利点は、光の後方反射が最小限に抑えられ、手元のデバイスのコントラストと光学性能が大幅に向上することです。

高屈折率ガラス(n = 1.9)とInkron黒色光吸収材料(n = 1.9)を使用した実験では、従来の黒色材(n = 1.55)と比較して、可視波長での光反射が96%減少することが示されています。

IOB製品は、RI 1.7、1.8、および1.9のラインナップがあります。

ARデバイスアセンブリの材料オプション

Inkronの他の材料は、AR / XRデバイスの組み立てプロセスの特定の領域で使用される可能性があります。

Inkronのポートフォリオには、熱伝導性接着剤、構造用接着剤とアンダーフィル、高RIおよび光学的に透明な接着剤、高RI封止材およびUV硬化性封止材が含まれます。 これらの製品は、たとえば、アイトラッキングや環境追跡に必要な他のセンサーとともに使用できます。

製品パッケージは、印刷可能なインクのポートフォリオで補完されます。 これらのインクは、導電性、非導電性の誘電体インクであり、屈折率の高い光学的に透明なインクでもあります。

OEMサービス

Inkronは、顧客にアプリケーションサポートとサービスを提供します。

-ナノインプリントリソグラフィー:利用可能なEVG 7200ツールは、最大200mmのウェーハサイズを処理できます。 このNILツールはクリーンルームにあります。 サービスには、回折光学設計とインプリンティングプロセスのテストと最適化、および試作段階とパイロット実行が含まれます。

その他の潜在的なサービスは次のとおりです。
-オプトパッケージングサービス:LED光学系のパイロット生産と設計。
-印刷サービス:スクリーン印刷された構造およびデバイスの印刷およびテストサービス。
-R&Dサービス:顧客の要件に応じた新素材の設計、開発、合成、特性評価。

提供:INKRON

NAGASEグループのInkronは、AR / XRデバイス、3Dセンサー、その他の回折光学関連アプリケーション向けの高度なシロキサンベースの配合および樹脂システムを開発・製造しています。 Inkronのコア技術は、高度な配合ノウハウを使用して社内で設計および合成されたシロキサン樹脂が中心となります。 これらの光学的に透明な樹脂は、熱的および光学的に安定しており、対象となるアプリケーションに最適なプラットフォームを提供します。 高度な配合ステップにより、高屈折率やナノインプリント性など、さまざまなアプリケーション固有のニーズへの対応が容易になります。 Inkronは、高RI黒色光吸収材料、接着剤、光学封止材料など、AR / XRプロセス全体をサポートする他の製品ファミリーも提供しています。
Inkronは、フィンランドに主要な製造および研究開発拠点を置いています。 オプトエレクトロニクス部門とオプトパッケージ部門は台湾にあります。 また世界各地のグループ拠点を通じて販売を行っています。

この記事に関する
お問い合わせ・資料請求

会員登録(無料)で特集記事の閲覧やイベントへの参加ができます。

会員登録(無料)をする

関連する記事をもっと見る

  • 【5/13カタログ更新!】パネルや材料などを多点分光評価できる
    イメージング分光放射計

    提供:株式会社トプコンテクノハウス

  • 人の触覚をリアルに再現するフィルム型3軸力覚センサー

    提供:NISSHA株式会社 ディバイス事業部

  • 現場最前線で働く”フロントラインワーカー”のための
    デジタル化支援ツール

    提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

  • ウェアラブルデバイス組み立て時の細線、
    曲面塗布に対応する接着剤「フォトレックB」

    提供:積水化学工業株式会社 ファインケミカル事業部

会員登録(無料)で特集記事の閲覧やイベントへの参加ができます。

会員登録(無料)をする